サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「タティアナ・ウェストン・ウェブ」検索結果 8件
コンテスト

『Meo Rip Curl Pro Portugal』3日目 タイトルレースは最終戦へ!

ガブリエル・メディナPHOTO: © WSL/Poullenotポルトガルの首都・リスボンから車で約1時間、素朴な漁師町ペニシェの「Supertubos」で開催中の『Meo Rip Curl Pro Portugal』は1日のレイデイを経た現地時間10月20日に公式3-4ftレンジのクリーンなコンディションでウィメンズのR3(Round of 16)から再開。全てのヒートが終了してQFを戦うベスト…

続きを読む >

業界ニュース

タティアナ・ウェストン・ウェブがブラジルに国籍を変えてオリンピック代表を目指すことを公表!

PHOTO: © WSL/Ferguson5月11日〜20日にブラジルで開催されるCT第4戦『Oi Rio Pro』&『Oi Rio Women’s Pro』を前にタティアナ・ウェストン・ウェブが国籍をハワイからブラジルに変えることをWSLと国際サーフィン連盟(ISA)の両方で同日に公表。2020年東京オリンピックのサーフィン、ブラジル代表を目指す意思を固めました。「父はイギリス人で、母はブラジル…

続きを読む >

コンテスト

『Outerknown Fiji Women’s Pro』ファイナリストが決定!

タイラー・ライト(AUS)が圧倒的な強さでシーズン序盤を駆け抜けた昨年と違い、混戦になっている2017年のウィメンズワールドツアー。
オーストラリアレッグの3戦、ブラジルの次の会場、フィジー・タバルア島「Cloudbreak」は本来の波には恵まれていませんが、アウターリーフのパワフルなブレイクがウィメンズのツアーで最もチャレンジングであることは変わりなく、様々なドラマも生まれていました。

続きを読む >

コンテスト

『Maui Women’s Pro』2日目 ベスト8が決定!

マウイ島・ホノルアベイで開催中のウィメンズCT最終戦『Maui Women’s Pro』は現地時間11月23日に開幕してからレイデイが続いていましたが、新しい北西ウネリが入った12月2日にR3から再開してR4まで進行。
QFを戦う8名の選手が決定しました。

9日振りに入ったウネリはオアフ島よりも到達が遅れ、朝からオンホールドの末に午後になってからコンテストはスタート。
北西ウネリはホノルアベイに回り込んで入るために初日より小さな1-3ftレンジのスモール。
波数も少ないコンディションに番狂わせも...。

続きを読む >

コンテスト

2016年の『Vans US Open of Surfing』を制したのは?

昨年、大原洋人が日本人として初制覇を成し遂げた『Vans US Open of Surfing』が今年もカリフォルニア・ハンティントンビーチで開催。
1週間に渡って行われた真夏の祭典が現地時間7月31日に終了し、フィリッペ・トレド(BRA)&タティアナ・ウェストン・ウェブ(HAW)の優勝で幕を閉じました!

「この1週間、素晴らしいサーファー達と対戦した後の特別な瞬間が自分に訪れたよ。素晴らしい観客に家族と友人の最高のサポートの元、ハンティントンで2つ目のタイトルを獲得出来てストークしている。波は全く違うけど、次のタヒチに向けて大きな自信になるね。コンテストで優勝する気持ちは最高なんだ」

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT第9戦『Roxy Pro France』終了!

メンズよりも更に熾烈なタイトル争いとなっている2015年のウィメンズワールドツアー。
ヨーロッパレッグはメンズと順番が違いすでにポルトガルは終了しているため、フランス、ハワイと残り2戦で全てが決まることになります。

たった一つのタイトルを争っているのは2Xのカリッサ・ムーア(HAW)と初のタイトルを狙うコートニー・コンローグ(USA)の二人。
ハンティントン、ローワー・トラッセルズ、ポルトガルと3戦続けてトップが入れ替わり、フランスではコートニーがR4で敗れて9位、カリッサがSF進出の3位。 

続きを読む >

コンテスト

<速報>『Quiksilver Pro France』終了!

現地時間10月15日、タイトルレースの大きな鍵となるヨーロッパレッグのファーストイベント、CT第9戦『Quiksilver Pro France』並びにウィメンズCT第9戦『Roxy Pro France』が終了。

カレントリーダーのミック・ファニング(AUS)がQFで敗れた一方、2位のエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)がSF進出したものの、ガブリエル・メディナ(BRA)にファイナル進出を拒まれ、トップは変わらず。
SFで今イベント2つ目のパーフェクト10をスコアしたガブリエルの勢いはファイナルでも持続し、ビード・ダービッジ(AUS)をコンビネーションに追い込んで圧勝!
今シーズン初優勝を決めました。

続きを読む >

コンテスト

『Quiksilver Pro France』波乱のR2

現地時間10月9日、フランス南西部・ホセゴーで開催中のCT第9戦『Quiksilver Pro France』は2日目を迎え、R2の12ヒートが全て終了してR3を戦う24名が決定。
その後、ウィメンズCT第9戦『Roxy Pro France』が開幕し、一気にR2のH3まで進行しました。

初日と同じく会場はホセゴー北部の「Culs Nus」、公式6-8ftレンジとサイズ的には同じながら、この日は新しいウネリが入り始めた影響で更にトリッキーで難しいコンディション。
世界のトップ選手でも手こずるようなワイルドなホレホレのビーチブレイクで圧倒的なスキルを見せつけたのは、フランスで過去3度の優勝経験があるケリー・スレーター(USA・写真最上部・下)でした。

続きを読む >