サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「セージ・エリクソン」検索結果 6件
コンテスト

ヤゴ&セージが『Vans US Open of Surfing』初制覇!

PHOTO: © WSL/Morrisカリフォルニアの真夏の祭典、『Vans US Open of Surfing』が今年もピアが象徴的なハンティントンビーチで一週間に渡って開催。昨年は五十嵐カノア(JPN)がブレット・シンプソン以来の2連覇を達成、ローカルの偉業にビーチタウンが盛り上がり、今年も多くの人がカノアをサポートしたものの、残念ながらR4で敗退。メンズ優勝はヤゴ・ドラPHOTO: © W…

続きを読む >

コンテスト

CT第8戦『Hurley Pro at Trestles』 ジョン・ジョン vs 大原洋人は?

大原洋人の出場、そしてR3進出で日本のファンを熱狂させている今年のCT第8戦『Hurley Pro at Trestles』
現地時間9月13日、3日連続でコンテストは進行してR3のH7では大原洋人が昨年のワールドチャンピオン、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW・写真最上部)と対戦。

R2では現在4位のオーウェン・ライト(AUS)を僅差で敗った大原洋人でしたが、今年もタイトル争いの最中のジョン・ジョンのサーフィンはずば抜けており、ヒート開始直後にバックハンドのフルローテーションでスタートしたライディングで9.27をスコア、後半にはフロントサイドでも高さのあるフルローテーションをメイクして9.80。
ハイエストスコア並びにハイエストヒートスコアをマークしてコンビネーションの圧勝。

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』 五十嵐カノアが優勝!

サーフィン、スケートボード、BMX。一週間に渡ってカリフォルニアのカルチャーを思う存分に楽しめる華やかな夏のビッグイベント『Vans US Open of Surfing』
サーフィンコンテストではCTよりもギャラリーが多く集まり、このタイトルを獲得することはコンペティターとしての誇り。
トム・カレン、オッキー、バートン・リンチ、サニー・ガルシア、アンディ・アイアンズ、ロブ・マチャド、ケリー・スレーターなどサーフィン界を代表するビッグスター達も名誉を手に入れたことがある歴史ある戦いが今年も開催され、現地時間8月6日に終了。

イベント前半に入ったトロピカルストームからの南よりのウネリはすっかり衰えてしまい、ファイナルデイは夏のアベレージのハンティントンビーチ。風の影響が入り、波数も少なく、限られたチャンスを活かした選手が勝ち上がる展開でした。

続きを読む >

コンテスト

<速報>五十嵐カノアが『Vans US Open of Surfing』で優勝!

現地時間8月6日、カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催されていた『Vans US Open of Surfing』が終了!
QS10,000でローカルボーイの五十嵐カノアが優勝!
2年連続で3位に終わっていたカノアは三度目の正直でファイナル進出を果たし、圧倒的なリードで念願のタイトルを獲得。

続きを読む >

コンテスト

『Outerknown Fiji Women’s Pro』開幕!

現地時間5月30日、フィジー・タバルア島を舞台としたウィメンズCT第5戦『Outerknown Fiji Women’s Pro』が開幕!
僅か6日間の短いウェイティングピリオドの間に大きなウネリが入る予報はなく、2日間のレイデイの後、コンテスト可能な南西ウネリが入っレフトのポイントブレイク「Cloudbreak」でR1からR3まで進行。

R1では2年連続ワイルドカードを得たベサニー・ハミルトン(HAW・写真最上部)がカレントリーダーのタイラー・ライト(AUS)、タティアナ・ウェストン・ウェブ(HAW)を倒す活躍。
特に8.17をスコアしたフロントサイドでのソリッドなターンの連続は片腕のハンデをまるで感じさせない迫力でした。

続きを読む >

コンテスト

スペインのQSで五十嵐カノアが優勝!

現地時間9月4日、スペインの北西に位置するガリシアで開催されていたQS6,000『Pantin Classic Galicia Pro』が終了。
1988年からの古い歴史を持つ今イベントはメンズ・ウィメンズが併催され、共に2番目にグレードが高い6,000でクオリファイを目指すトップ選手が集結。
ファイナルデイは濃霧のために開始が遅れ、メンズはマンオンマンから4人ヒートに変更する異例の措置がとられました。

続きを読む >