サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「ジョアン・ドゥルー」検索結果 7件
コンテスト

CT第10戦『Meo Rip Curl Pro Portugal』終了!タイトル争いは最終戦へ

PHOTO: © WSL/Poullenot2009年にヨーロッパのベストポイントとして『Rip Curl Pro Search』からスタートしたポルトガル・ペニシェ「Supertubos」を舞台としたCTも今年で10回目。初代チャンピオンのミック・ファニング(AUS)を始め、ケリー・スレーター(USA)、エイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)、ガブリエル・メディナ(BRA)、ジョン・ジョン・フロー…

続きを読む >

コンテスト

<速報>CT第10戦『Meo Rip Curl Pro Portugal』ファイナル終了!

PHOTO: © WSL/Masurel現地時間10月20日、ポルトガル・ペニシェで開催されていたCT第10戦『Meo Rip Curl Pro Portugal』が終了。残念ながら本来の「Supertubos」のクリーンなバレルは姿を現さなかった今年。ファイナルデイはエアリアル勝負となり、ブラジリアンの強さが際立っていました。注目のタイトルレースはランキング3位のジュリアン・ウィルソン(AUS)…

続きを読む >

業界ニュース

2017年CTルーキーで生き残れるのは誰?

元JPSAプロの柄沢明美さんの長男、コナー・オレアリー(AUS)を始め、オーストラリアのジュニアタイトルを総なめした18歳のイーサン・ユーイング(AUS)、ワイルドカード時代の活躍が強烈な印象を残していたフレデリコ・モライス(PRT)などシーズン前から粒揃いと言われていた2017年のCTルーキー。
イベントによって上位に入った選手はいたものの、コンスタントに結果を重ねるのは難しく、現在クオリファイ圏内の22位以内にいるのは3名のみ。
残るは最終戦のパイプライン、そして、QSサイドでは『Hawaiian Pro』、『Vans World Cup』の2戦。

続きを読む >

コンテスト

CT第9戦『Quiksilver Pro France』2日目 新たなジャイアントキラー誕生!

現地時間10月13日、フランス南西部・ホセゴーで開催中のCT第9戦『Quiksilver Pro France』は2日目を迎え、R2のH9からR4まで一気に進行!

前日に入った北西ウネリが続き、公式6-8ftレンジのグッドコンディションで20ヒートをこなすマラソンデイ。
この日の主役はジョン・ジョン・フローレンス(HAW)、そして、カレントリーダーのジョーディ・スミス(ZAF)をR3で倒し、R4も1位通過でQF進出を決めたローカルワイルドカードのマーク・ラコマー(FRA・写真最上部)でした。

続きを読む >

コンテスト

CT第9戦『Quiksilver Pro France』開幕!

一足先にウィメンズのCT第9戦『Roxy Pro France』がQFまで進行した今年のフランス戦。
現地時間10月12日、4-6ftレンジの北西ウネリが入ったホセゴーでメンズのCT第9戦『Quiksilver Pro France』が開幕して一気にR2のH8まで行われました。

トム・カレン、アンディ・アイアンズも愛したフランスの美しいビーチブレイク。
初日は朝から夕方までクリーンなグッドコンディションが持続して見事なバレルライドを披露したルーキーのジョアン・ドゥルー(写真最上部)、ランキング3位のジュリアン・ウィルソン(AUS)を倒したワイルドカードのマーク・ラコマー、イタリア出身ながら12歳からフランスで過ごしているレオナルド・フィオラヴァンティなどローカルが活躍。
タイトル争いをしているジョーディ・スミス(ZAF)、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)も最高のパフォーマンスを披露してラウンドアップを決めています。

続きを読む >

業界ニュース

2017年はヨーロピアン・ストーム襲来!?

トリプルクラウンの初戦『Hawaiian Pro』が終了してQSのハイスターイベントは残り1戦、11月24日から開幕するサンセットビーチでの『Vans World Cup』だけになっていますが、来年のCTに入る条件であるトップ10のメンバーを見ると過去に例がない数のヨーロピアンが揃っています。

2017年は「ブラジリアン・ストーム」ならぬ「ヨーロピアン・ストーム」の襲来になるか?
その勢力の可能性がある選手を紹介します。

■レオナルド・フィオラヴァンティ
イタリア出身の18歳。

続きを読む >

コンテスト

コナー・オレアリーがQS10,000で優勝!

南アフリカ、カリフォルニア、ポルトガル、ブラジル、ハワイ。
今シーズン6戦用意されているQSで最もグレードが高い10,000のファーストイベント『Ballito Pro』が6月27日〜7月3日に南アフリカのダーバンから車で約30分北上した「Ballito」で開催されました。

昨年、長年スポンサーを努めていたアパレルブランドの「Mr Price」から「Billabong」に変わり、集客力もアップ。
CT第6戦『J-Bay Open』の直前に行われたこともあり、多くのトップ34が参加して盛り上がっていましたが、期間中は典型的なQSのトリッキーなコンディションとなり、ベスト8に絞られたファイナルデイに残ったのはジェレミー・フローレス(FRA)、ジャック・フリーストーン(AUS)の2名のみ。

続きを読む >