サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「ジョアン・ディファイ」検索結果 9件
コンテスト

『Meo Rip Curl Pro Portugal』3日目 タイトルレースは最終戦へ!

ガブリエル・メディナPHOTO: © WSL/Poullenotポルトガルの首都・リスボンから車で約1時間、素朴な漁師町ペニシェの「Supertubos」で開催中の『Meo Rip Curl Pro Portugal』は1日のレイデイを経た現地時間10月20日に公式3-4ftレンジのクリーンなコンディションでウィメンズのR3(Round of 16)から再開。全てのヒートが終了してQFを戦うベスト…

続きを読む >

コンテスト

『Uluwatu CT』終了!4戦連続でブラジリアン・ストームが吹き荒れた!

PHOTO: © WSL/Cestariパーフェクトなバリ島・クラマスでのCT第5戦『Corona Bali Protected』終了から約一週間。サメ騒動で異例のキャンセルとなったオーストラリアレッグの最終戦マーガレットリバーの代替イベント、『Uluwatu CT』がクラマスとは反対側のウルワツで2日間に渡って行われ、現地時間6月9日に終了。今シーズン初のレフトのポイントブレイク。ファイナルデイ…

続きを読む >

コンテスト

<速報>『Uluwatu CT』ファイナル終了!

現地時間6月9日、バリ島「ウルワツ」を舞台とした『Uluwatu CT』が終了。サメ騒動で異例のキャンセルとなったオーストラリアレッグの最終戦マーガレットリバーの代替イベントは2日間の強行スケジュールで行われ、ファイナルデイは朝から日没前まで21ヒートをこなすマラソンデイ。バレルこそ少なかったものの、前日に入った南南西ウネリがピークを迎え、公式4-6ftレンジの美しいラインナップが姿を現していまし…

続きを読む >

コンテスト

2017年のウィメンズQS最終戦を制したのは?

早いものでハワイのノースショアのシーズンが始まり、2017年もそろそろクライマックスが近づいていますが、ウィメンズQSは一足先に最終戦がオーストラリア・ニューカッスル東部の「Birubi Beach」で開催され、現地時間11月5日に終了。

最もグレードが高く 、リクオリファイに重要な6,000が最終戦。ここで2017年のQSランキングが決まるため、CTからも生き残りを賭けて多くの選手が参加していました。

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』開幕!

カリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした真夏の祭典『Vans US Open of Surfing』が今年も開催!
トロピカルサイクロンのウネリで良い予報が出ている向こう一週間。
週末にジュニアイベントからスタートして西優司がQF進出を決め、週明けにはQS10,000のR1からR2の前半まで進行して大原洋人、五十嵐カノア(USA)がR3へ。
村上舜、新井洋人がR2進出を決めていました。

続きを読む >

コンテスト

『Oi Rio Pro』 タイラーがブラジル2連覇!

現地時間5月14日、ブラジル・リオデジャネイロのサクアレマで開催中のCT第4戦『Oi Rio Pro』はクライマックスを迎え、まずはウィメンズのファイナルが終了!
世界中で祝われる「母の日」(日付けが異なる国も)の日曜日。水着で過ごせる常夏のビーチは朝から溢れんばかりのギャラリーが集まり、大盛り上がりの一日でした。

カレントリーダーのステファニー・ギルモア(AUS)が前日のQFで敗れ、カリッサ・ムーア(HAW)が2010年以来、7年振りに最下位になるなど荒れたレースになったウィメンズで最後に笑ったのはディフェンディングチャンピオンのタイラー・ライト(AUS・写真最上部・下)でした!

続きを読む >

コンテスト

ニューキャッスルのQS6,000を制したのは?

30年以上の歴史がある『Surfest』が今年も真夏のオーストラリア・ニューキャッスル「Merewether Beach」で開催され、メインイベントの『Maitland and Port Stephens Toyota Pro』、ウィメンズの『Anditi Women’s Pro』が現地時間2月26日に終了。
今年初のQS6,000を制したのはヤゴ・ドラ(BRA・写真最上部・下)&ジョアン・ディファイ(FRA)でした!

「まだ優勝した実感がわかないね。最後にジェシーと対戦した時は見事にやられたから、今回のファイナルは彼にリベンジを果たせて面白かったさ。まあ、彼は親友なんだけどね。このイベントには本当に集中していたよ」

続きを読む >

コンテスト

『Fiji Women’s Pro』終了!

現地時間5月31日、フィジー・タバルア島で開催されていたウィメンズワールドツアー第5戦『Fiji Women’s Pro』が終了。
舞台の「Cloudbreak」は世界を代表するレフトブレイク。
ファイナルデイは前日に入った南西ウネリがピークを迎え、公式6-8ftレンジ。MCのポッツに言わせると8-10ftレンジのセットが入るグッドコンディション。
2つのパーフェクト10を含み、ハイスコアが量産され、ウィメンズサーフィンの歴史に新たな1ページが刻まれました。

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』ウィメンズCTを制したのは?

現地時間8月2日、大原洋人の優勝という日本のサーフィン業界の歴史が変わった衝撃的なファイナルデイとなった『Vans US Open of Surfing』
日本のニュースや新聞でも取り上げられるなど、東京オリンピックの公式種目化にも大きな影響を与えるだろう非常に明るい話題となっていましたが、同時開催のウィメンズCT第6戦の方もタイトル争いに変化が出た興味深いイベントに。
約7万人強のギャラリーの前で大原洋人と共に最高のシャンパンを浴びたのは、昨年ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝き、ツアー2年目のジョアン・ディファイ(FRA)でした。

続きを読む >