サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM TSN お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「コートニー・コンローグ」検索結果 25件
コラム特集

「残り男女合わせて22ヒート。波があっても無理してやらない、余裕の進行のJベイ」- F+(エフプラス)

Text by つのだゆき、Photo by snowy、WSL / Tostee昨日残ったウイメンズラウンド16の2ヒートとクオーターファイナルの予定で昼からスタート。でも結局残り2ヒート終えて、ストップ。クオーター第1ヒートのステファニー・ギルモアとキャロライン・マークスはゼッケンつけて沖にいたんだけどね。この先の予報とかを考えると、今日やらなくてもいいじゃん、っていうのは正解だろうな。女子の…

続きを読む >

コンテスト

CT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』終了!ジョン・ジョン&コートニーが優勝!

PHOTO: © WSL/Cestari地形が崩れたスナッパーロックスで開催出来ず、デュランバーでのQSのようなコンテストになってしまった2019年のCT開幕戦。第2戦のベルズも前半はコンディションが良くないウィンキーポップでの進行と自然を舞台としたサーフィンコンテストの難しさを思い知らされていましたが、ウェイティングピリオドの最後に状況が一変。「The 50 Year Storm」とWSLが新し…

続きを読む >

コンテスト

フランスでのCT第9戦は大波乱の末にファイナルデイを迎えた!

PHOTO: © WSL/Poullenotフランス、ポルトガルと続くヨーロッパレッグは毎年タイトルレースのキーポイント。まずはフランスでのCT第9戦『Quiksilver Pro France』が現地時間10月12日に終了。フィリッペ・トレド(BRA)、ガブリエル・メディナ(BRA)の2強ブラジリアンに引き離されていたジュリアン・ウィルソン(AUS)が完成度の高いエアリアルを武器に勝ち上がり、S…

続きを読む >

コンテスト

<速報>CT第9戦『Quiksilver Pro France』&『Roxy Pro France』ファイナル終了!

PHOTO: © WSL/Poullenot現地時間10月12日、フランス南西部・ホセゴーで開催されていたCT第9戦『Quiksilver Pro France』並びにウィメンズCT第9戦『Roxy Pro France』が終了。当初は翌日のビッグスウェルを待つ予定で、朝の内は『Roxy Pro France』のみファイナルデイ、メンズはQFまでのコールでしたが、両イベント共にファイナルまで進行。…

続きを読む >

コンテスト

五十嵐カノアが2連覇!ウィメンズはコートニーが優勝!『Vans US Open of Surfing』ファイナルデイ

PHOTO: © WSL/Rowland2015年に大原洋人が優勝してから日本人にとって特別なイベントになったカリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした『Vans US Open of Surfing』2017年にはアメリカ国籍ながら日本人の両親を持つ五十嵐カノアが優勝してより濃いものになり、迎えた2018年の夏。今シーズンはカノアが2020年の東京オリンピックに日本代表として出場したいとい…

続きを読む >

コンテスト

<速報>『Vans US Open of Surfing』五十嵐カノア2連覇達成!

現地時間8月5日、カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催されていた『Vans US Open of Surfing』が終了!イベント期間中では最もサイズがあったファイナルデイ。ハンティントンビーチらしい波でテキストブックのような的確なサーフィンを続けた五十嵐カノア(JPN)がヒートアップしてきたグリフィン・コラピント(USA)とのファイナルで追い込まれながらもラスト2分を切ってテールハイ・エア…

続きを読む >

コンテスト

『Maui Women’s Pro』2日目 ウィメンズのワールドタイトル確定!

現地時間11月30日、マウイ島・ホノルアベイで開催中のウィメンズCT最終戦『Maui Women’s Pro』は2日目を迎え、R4から再開。
注目のタイトル争いはR4でコートニー・コンローグ(USA)が敗退し、QFをタイラー・ライト(AUS)が勝ち上がった時点でタイラーに確定。
昨年、様々な困難を抱えながら初のワールドチャンピオンに輝いたタイラーがタイトル防衛に成功しました!

「今日は完璧な日よ。このイベントに参加したこと、そして、この地位に立てたことに興奮しているわ。どれほどの意味があるか説明出来ないくらい最高の一週間だった。誰もが驚くような素晴らしいチームに支えられたの。一年を通して成績に大きな波はなかった。でも、今こうして一番上になることが出来たわ。勝つ前も、今もハッピーよ」

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT第9戦『Roxy Pro France』2日目 ベスト4が決定!

現地時間10月8日、フランス南西部・ホセゴーで開催中のウィメンズCT第9戦『Roxy Pro France』は2日目を迎え、R3から一気にQFまで進行。
SFを戦う4名が決まり、徐々にゴールが見えてきたタイトル争いにも大きな影響を与える一日になりました。

公式4-5ftレンジの西北西ウネリが続き、R4まではクリーンなコンディションが持続。
しかし、QFには風の影響が入り、潮の動きでも刻々と表情を変えるフランスのビーチブレイクがタイトルコンテンダーの明暗を分け、QFのH3でランキング2位のコートニー・コンローグ(USA)が敗退。
一方、カレントリーダーのサリー・フィッツギボンズ(AUS・写真最上部)、ランキング3位のタイラー・ライト(AUS)がSF進出。
また、タイトル争いとは別にフランスで3度の優勝を誇るステファニー・ギルモア(HAW)とディフェンディングチャンピオンのカリッサ・ムーア(HAW)とのマッチアップは興味深い争いとなり、土壇場で9.10をスコアしたカリッサが大逆転。
珍しくステファニーが怒りをあらわにする場面も...。

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT第9戦『Roxy Pro France』開幕!

ポルトガル、フランス(メンズは逆)と続くウィメンズCTのヨーロッパレッグのセカンドイベント、第9戦『Roxy Pro France』がウェイティングピリオド初日の現地時間10月7日に開幕。

フランス南西部の美しいビーチ、ホセゴー。クリーンなグッドコンディションでR2まで進行し、R3を戦う12名が決定。
ポルトガルでリードを広げたカレントリーダーのサリー・フィッツギボンズ(AUS・写真最上部・写真下)を始め、ランキング2位のコートニー・コンローグ(USA)、3位のタイラー・ライト(AUS)が勝ち上がった一方、ポルトガルでCT初優勝を決めたニッキ・ヴァン・ダイク(AUS)がR2で早くも敗退...。

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』 大原洋人&五十嵐カノアがR4進出!

カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催中の『Vans US Open of Surfing』は順調にスケジュールが進行。
現地時間8月3日にはウィメンズCT第6戦のQFが終了してベスト4が決定。
QS10,000はR3のH8まで行われ、2015年のイベントチャンピオン、大原洋人(写真下)を始め、五十嵐カノア(USA・写真最上部)がR4進出!

「サウスカリフォルニアは常に大きなウネリがあるわけではないけど、上がった時には最高の波になるんだ。ここではどの波が良いかの知識があるから、助かるよ。次はトラッセルズだし、3〜4週間はホームで過ごすことが出来る。普段は海外にいるので、この間だけは家族や友人と過ごせるのが嬉しいね。今はCTとQSの両方を楽しんでいる。今年は良い結果を残していないので、今回はベターな結果が欲しい。多くを学び、楽しんでいるよ」

続きを読む >

コンテスト

『Outerknown Fiji Pro』開幕!

世界のベストスポットを回るワールドツアーの中でもフィジー、J-Bay、タヒチとスペシャルなイベントが続く6月〜8月。
シーズンも中盤に入り、タイトル争いの重要な鍵を握る3連戦でもあります。

現地時間6月4日、フィジー・タバルア島を舞台とした第5戦『Outerknown Fiji Pro』が開幕してR1の全てのヒートとR2のH1が進行。

メンズのヒートの前にはファイナルのみ残されていた『Outerknown Fiji Women’s Pro』、コートニー・コンローグ(USA) vs タティアナ・ウェストン・ウェブ(HAW)のカードが行われ、ウィンメンズではマックスと言える6-8ftレンジの「Cloudbreak」、チャレンジングなコンディション。
勇敢にチャージを繰り返す両者でしたが、見ているこっちがヒヤヒヤするようなワイプアウトの連続。ロースコア勝負の中、マニューバーに狙いを絞ったコートニーがバレル狙いで出口を見つけられなかったタティアナを抑えてベルズ戦に続く今シーズン2勝目、フィジーでは初の優勝を決めました!

続きを読む >

コンテスト

『Outerknown Fiji Women’s Pro』ファイナリストが決定!

タイラー・ライト(AUS)が圧倒的な強さでシーズン序盤を駆け抜けた昨年と違い、混戦になっている2017年のウィメンズワールドツアー。
オーストラリアレッグの3戦、ブラジルの次の会場、フィジー・タバルア島「Cloudbreak」は本来の波には恵まれていませんが、アウターリーフのパワフルなブレイクがウィメンズのツアーで最もチャレンジングであることは変わりなく、様々なドラマも生まれていました。

続きを読む >

コンテスト

『Rip Curl Pro Bells Beach』 ウィメンズはコートニーが制した!

オーストラリア・ビクトリア州のベルズビーチで開催中のCT第3戦『Rip Curl Pro Bells Beach』は3日連続でコンテストが進行。
現地時間4月17日、イースターマンデーにウィメンズのQFからファイナルが行われ、コートニー・コンローグ(USA)がファイナルでステファニー・ギルモア(AUS)を倒して2年連続で優勝!

「言葉が無いわ。昨年の優勝ですでに素晴らしい気分を味わい、今年は何度もここで優勝経験があるステフのような選手と戦うことが出来た。彼女とのファイナルは最高だったわね。セットが入る毎に抜きつ抜かれつの争いだった。本当に凄いファイナルだったわ」

ファイナル終了後、自らも1991年にベルズで優勝経験があるバートン・リンチにマイクを向けられてインタビューに答えたコートニー。
QFではカリッサ・ムーア(HAW)、SFではタイラー・ライト(AUS)、そして最後はステファニーと最強の相手を次々と倒して手に入れた2度目のベルズのトロフィー。

続きを読む >

コンテスト

CT第9戦『Quiksilver Pro France』R2 ウィルコが残りジョーディが去る

フランス、ポルトガルと続くヨーロッパレッグのファーストイベントCT第9戦『Quiksilver Pro France』は現地時間10月7日に3日目を迎え、敗者復活戦のR2が終了。

ここで負けたらタイトルレースからの脱落が濃厚となるウィルコことマット・ウィルキンソン(AUS・写真最上部)はワイルドカードのジョアン・ドゥルー(FRA)と対戦。
スタートから十八番のバーディカルなバックハンドのリップで7.83をスコアしたウィルコ。中盤〜後半はローカルナレッジを活かしてスコアを重ねたジョアンに追い込まれていましたが、ジョアンが狙っていたレフトの波で6.73のバックアップスコアをマーク。僅かな差で逆転に成功してR3進出を決めました。

続きを読む >

コンテスト

ウィメンズCT第8戦『Cascais Women’s Pro』終了!タイトルレースはフランスへ!

全10戦で争われる2016年のウィメンズワールドツアー。
すでに4戦を決めて独走しているタイラー・ライト(AUS)と僅かな可能性を残して追っているコートニー・コンローグ(USA)のタイトルレースもいよいよ終盤戦。
どちらがタイトルを獲得しても新しい女王の誕生となり、ここ数年続いていたカリッサ・ムーア(HAW)とステファニー・ギルモア(AUS)の牙城が崩れることになります。
  

続きを読む >