サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「イーサン・ユーイング」検索結果 8件
コンテスト

ジャック・ロビンソンが優勝して念願のCT入り!『Vans World Cup of Surfing』ファイナルデイ

PHOTO:© WSL/Keoki37年目を迎えたハワイの伝統的なタイトル、トリプルクラウン。今年はハレイワでのファーストイベントでポルトガルのフレデリコ・モライスが初優勝。サンセットビーチでのセカンドイベント『Vans World Cup of Surfing』はウェイティングピリオド前半に入った西北西ウネリでアーリーラウンドが消化され、後半に入った北〜北東ウネリでクライマックスを迎えていました…

続きを読む >

業界ニュース

2017年CTルーキーで生き残れるのは誰?

元JPSAプロの柄沢明美さんの長男、コナー・オレアリー(AUS)を始め、オーストラリアのジュニアタイトルを総なめした18歳のイーサン・ユーイング(AUS)、ワイルドカード時代の活躍が強烈な印象を残していたフレデリコ・モライス(PRT)などシーズン前から粒揃いと言われていた2017年のCTルーキー。
イベントによって上位に入った選手はいたものの、コンスタントに結果を重ねるのは難しく、現在クオリファイ圏内の22位以内にいるのは3名のみ。
残るは最終戦のパイプライン、そして、QSサイドでは『Hawaiian Pro』、『Vans World Cup』の2戦。

続きを読む >

コンテスト

CT第7戦『Billabong Pro Teahupoo』開幕!

ウィルコことマット・ウィルキンソン(AUS)をカレントリーダーとしたタイトル争いはいよいよ後半戦に突入。
全11戦で争われる2017年のワールドツアーの第7戦『Billabong Pro Teahupoo』が南太平洋に浮かぶ美しい島、タヒチのチョープーで開幕して現地時間8月11日にR2のH4まで進行。

合計8本のパーフェクト10がスコアされ、パーフェクトヒートまで生まれた素晴らしいコンディションでの「J-bay」とは打って変わってタヒチでは期待できない波予想...。
初日もチョープーにしてはミニマムレベルのスモールに加え、トレードウィンドも強く、難しい波が舞台。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「WSLのCEO退任と、五輪への布石」

行く逃げる去るで、1月2月3月はあっという間に過ぎてしまうわけですが、年始そうそう、オーストラリアでWJC、ワールドジュニアチャンピオンシップが行われ、男子はオーストラリアのエリートジュニアのイーサン・ユーイング(イゥイングなんでしょうけど、以下略(笑))、2位はグリフィン・コラピント。女子はメイシー・キャラハン(AUS)が優勝し、2位はマヒナ・マエダ(HAW)。

続きを読む >

コンテスト

『World Junior Championship』は18歳のCTルーキーが制した!

世界一のジュニアサーファーを決める『World Junior Championship』が約1週間に渡って行われ、現地時間1月9日に終了。
アフリカ、オセアニア、ヨーロッパ、日本、ハワイ、北米、南米と7つのリージョナルのトップ4。8名のWSLのワイルドカードが参加。
過去にアンディ・アイアンズ、ジョエル・パーキンソン、エイドリアーノ・デ・ソウザ、ジョーディ・スミス、ジャック・フリーストーン、ガブリエル・メディナとそうそうたるメンバーが獲得した由緒あるタイトルをかけて争っていました。

続きを読む >

コンテスト

2016年の『Vans US Open of Surfing』を制したのは?

昨年、大原洋人が日本人として初制覇を成し遂げた『Vans US Open of Surfing』が今年もカリフォルニア・ハンティントンビーチで開催。
1週間に渡って行われた真夏の祭典が現地時間7月31日に終了し、フィリッペ・トレド(BRA)&タティアナ・ウェストン・ウェブ(HAW)の優勝で幕を閉じました!

「この1週間、素晴らしいサーファー達と対戦した後の特別な瞬間が自分に訪れたよ。素晴らしい観客に家族と友人の最高のサポートの元、ハンティントンで2つ目のタイトルを獲得出来てストークしている。波は全く違うけど、次のタヒチに向けて大きな自信になるね。コンテストで優勝する気持ちは最高なんだ」

続きを読む >

コンテスト

『Vans US Open of Surfing』5日目 五十嵐カノアがベスト16!

現地時間7月29日、週末のクライマックスに向けてヒートアップしてきた『Vans US Open of Surfing』はQS10,000のベスト16を決めるR4が進行。
舞台のカリフォルニア・ハンティントンビーチは2-3ftレンジ、コシ〜ムネサイズと連日同じようなコンディションが続き、僅かなポイント差で勝負が左右されるクロスゲームが中心。
QSで最もグレードが高いイベントだけにクオリファイを目指す選手にとっては重要なヒートになり、会場には勝敗によって様々な感情が入り交じっていました。

続きを読む >

コンテスト

QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』開幕!

ASPからWSLに団体名が変わり、QSのグレードが1スター〜プライムから1,000〜10,000に変更後、日本では最もグレードが高い6,000が千葉の波乗り道場こと志田下で開催。
5月23日の初日はオフショアが持続、前日に入った低気圧からの大きなウネリがゆっくりと落ち着く傾向の中、R1からR2のH12まで行なわれました。

続きを読む >