『Da Hui Backdoor Shootout』で松岡慧斗がパーフェクト12!! | サーフィンニュース BCM | コンテスト

TOPNEWS > コンテスト
NEWS / BCMサーフィンニュース

コンテスト

『Da Hui Backdoor Shootout』で松岡慧斗がパーフェクト12!!

2019115matu
via You Tube

オアフ島・ノースショアのパイプラインを舞台としたイベントと言えば、WSLの『Billabong Pipe Masters』、『Volcom Pipe Pro』が有名ですが、選手のレベルならこの2イベントに引けを取らないのが究極のローカルコンテストと呼ばれている『Da Hui Backdoor Shootout』

コンテストジャージ無しのチーム戦。
パーフェクトスコアが12ポイント。
ロングボード、SUP、ボディーボードクラスも併催されるWSLとは一線を画したイベントにはJOBことジェイミー・オブライエン、マクアカイ・ロスマン他、ほぼ全てのローカルのパイプライン・スペシャリストが参加。

そんな中、昨年から再び参加が許され、松岡慧斗がハイエストスコアを出して個人で3位に入ったチームジャパンが今年も参加。
メンバーは昨年の脇田貴之、大野修聖、堀口真平、松岡慧斗から松岡慧斗、中村昭太、村上舜、大橋海人(補欠で脇田泰地)に変わり、ショートボードの初日には中村昭太がバックドアでビッグバレルを抜けて活躍。

2019115matu2


現地時間1月14日のショートボード2日目は松岡慧斗がパイプラインで昨年を彷彿させるバレルライド、完全に体が隠れるまで包まれてからスピットアウト。
この圧巻のライディングに12ポイント、つまりパーフェクトスコアがコールされました。

イベントはまだ進行中、残り一日で終了する予定。
松岡慧斗を始め、チームジャパンが昨年を上回る結果を残せるか?
ぜひライブ中継をチェックしてみてください。

『Da Hui Backdoor Shootout』ライブ



「コンテストリポート」一覧へ






BCM の Facebook に「いいね!」をしよう

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。