『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』8日目 波乗りジャパンは暫定2位 | サーフィンニュース BCM | コンテスト

TOPNEWS > コンテスト
NEWS / BCMサーフィンニュース

コンテスト

『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』8日目 波乗りジャパンは暫定2位

2018114isa1
(ボーイズ16歳以下 伊東李安琉)

残すところ2日となった『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』
舞台のカリフォルニア・ハンティントンビーチは連日コンテスト可能なコンディションが続き、このビーチのクオリファイの高さを証明。

現地時間11月3日、2-3ftレンジのクリーンな波でメインラウンドのR5、リパチャージ。
国別対抗リレーレース「Aloha Cup」のファイナルが行われていました。

日本代表「波乗りジャパン」

メインラウンドを勝ち進んでいる上山キアヌ久里朱、安室丈、野中美波、松田詩野、脇田紗良。
ボーイズ18歳以下、上山キアヌ久里朱、安室丈は同ヒートに重なり、ワンツーフィニッシュでR6進出。
ガールズ18歳以下の野中美波もハワイ代表のサマー・マセドと共にラウンドアップ。
更に16歳以下の松田詩野、脇田紗良も見事にR6進出を決めていました。

リパチャージではボーイズ16歳以下で伊東李安琉がR9進出を決めた一方、金沢呂偉、森友二はR8で敗退して個人11位。
ガールズ18歳以下の西元ジュリもこのラウンドで敗れ、個人9位。

7日目を終了した時点で単独トップに立っていた日本代表でしたが、この日の結果によって7名の選手が残っているアメリカ代表に抜かれて2位。
但し、逆転の可能性は十分に残っています。
なお、前日と変わらず3位はハワイ、4位はオーストラリア。

2018114isa5
(ボーイズ16歳以下 金沢呂偉)

2018114isa4
(ボーイズ16歳以下 伊東李安琉)

2018114isa3
(ガールズ18歳以下 野中美波)

2018114isa2
(ガールズ18歳以下 西元ジュリ)


国別対抗リレーレース「Aloha Cup」

昨年のお倉ヶ浜では金メダルを獲得していた波乗りジャパン。
今年もファイナルに残っていましたが、3位でフィニッシュ。
優勝はアメリカ、2位はフランス、4位はハワイ。

アメリカ、フランスの激しい争いとなった今年の「Aloha Cup」
最後はアメリカのアンカー、ジェット・シリングが7.90をスコアして勝負を決めることに成功していました。

「昨年は’ISA Aloha Cup’でファイナルに進むことが出来なかったけど、これでリベンジを果たすことが出来た。私達は結束が固い素晴らしいチームさ。今年はリレー形式にも慣れて全てが上手くいった」

アメリカのキャプテンを務めているコール・ハウシュマンドは堂々とコメントを残していました。

2018114isa6
(Aloha Cupで優勝したアメリカ代表)

現地時間11月4日はいよいよファイナルデイ。
メインラウンドのR6、リパチャージのR10、ファイナルが行われます!

7:30〜17:00(日本時間は翌0:30〜10:00)に開催され、公式サイトでライブ中継が配信されます。


2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship
オフィシャルサイト




photo:ISA





※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。