『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』5日目 波乗りジャパン暫定1位をキープ! | サーフィンニュース BCM | コンテスト

TOPNEWS > コンテスト
NEWS / BCMサーフィンニュース

コンテスト

『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』5日目 波乗りジャパン暫定1位をキープ!

2018111isa1


現地時間10月31日、カリフォルニア・ハンティントンビーチを舞台とした『2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』は5日目。
早くも中盤戦を迎え、ボーイズ、ガールズ共にR3が終了。
メインラウンドのベスト16。ガールズはベスト12が決定。

このラウンドからはメダル候補が同ヒートに重なることが多くなるため、僅差でリパチャージ行きになる選手も目立ってきます。
44カ国の参加選手も大分絞られ、ここからが本番と言えます。

前日同様に3-5ftレンジの南南西ウネリが続き、早い時間帯はクリーンなコンディション。
日中は西〜南西風の影響が入った難しい波に変化していました。

日本代表「波乗りジャパン」
ボーイズ18歳以下ではアメリカ代表のタロウ・ワタナベと共にラウンドアップを決めた上山キアヌ久里朱(写真最上部)を皮切りに安室丈、森友二と全て1位通過。
しかし、16歳以下は伊東李安琉、平原颯馬、金沢呂偉と全て敗退でリパチャージ行きに...。
ガールズでは18歳以下で前日にハイスコアを出して好調だった野中美波が1位通過を果たした一方、川合美乃里、西元ジュリはリパチャージ行き。
16歳以下では脇田紗良、松田詩野がR4進出、中塩佳那はリパチャージ行き。

2018111isa4
(ボーイズ16歳以下 金沢呂偉)

2018111isa3
(ガールズ18歳以下 野中美波)

2018111isa6
(ボーイズ18歳以下 タロウ・ワタナベ)



リパジャージ行きになった選手を含め、5日目の時点で全ての選手が残っているのは、日本、アメリカ、オーストラリア、ブラジル、フランス。
開催国として一番注目されているアメリカは昨年のお倉ヶ浜で団体金メダルを獲得した国でもあり、2年連続の金メダル獲得を期待されています。

昨年の金メダル獲得に貢献したアメリカ代表のコール・ハウシュマンドはボーイズの18歳以下、R3で森友二と共にR4進出。

「アメリカ代表は最初の2ラウンドで完璧な成績を収めているし、本当に良い感じさ。私達はストークしているよ。ホームでイベントが開催されることは素晴らしい。代表の多くは南カリフォルニア出身だから、いつもこの波でサーフィンしているんだ。私達はディフェンディングチャンピオンだけど、それほどプレッシャーはないね。楽しんで金メダルを狙いにいっているのさ」

2018111isa2


メダル候補の国の他にも意外な国の活躍が連日のように話題になるこのイベント。
この日はアメリカの北、カナダ代表、ガールズ18歳以下のマテア・オリン(写真上)がアメリカ、オーストラリア、フランスと強豪揃いのヒートで見事1位通過を果たしていました。

「私達はとても若いチームなの。特にボーイズわね。彼らは凄いサーフィンをするし、あと数年もすれば止められない存在になると思うわ。私達のチームのガールズの18歳以下はまだ全てイベントに残っている。カナダではコンテストに出場しているサーファーが少ないけど、私はこのイベントに参加して同じ国のサーファーを刺激したかったの。それでコンテストを好きになって始めてもらえれば良いわね。カナダ代表はヒートで全力を出すことが成功と言える。例え笑顔を忘れても、ベストのサーフィンが出来れば良いわ」

現地時間11月1日もコンテストは進行、メインラウンドのR4の他、リパチャージが行われる予定。
7:30〜17:00(日本時間は翌0:30〜10:00)に開催され、公式サイトでライブ中継が配信されます。


2018 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship
オフィシャルサイト

photo:ISA






※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。