TOP
★RICE処置
どんな怪我であれ「患部を冷やしながら伸縮性の高いテープや包帯などを用いて患部を圧迫させる」というのが代表的な処置である。何の処置もせずにいると患部が内出血し、腫れてくるが、腫れが治るまでには数日から数週間かかることさえある。患部が腫れないようにするというのも、応急処置の大切な目的のひとつ。
下記に示す「安静・冷却・圧迫・高挙」という代表的な処置は、欧文頭文字をとって「RICE処置」と呼ばれている。

※もちろん、個人レベルでの対応が不可能と思われるような大怪我の場合には、周囲の人に声を掛けて協力してもらうとともに、速やかに119番へ連絡!!

<<前へ