サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS

サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「Ichinomiya Chiba Open」検索結果 24件
業界ニュース

【WSL大会記念品】 限定クリアファイル 3枚SETをプレゼント!

今年で2年目となるQSで2番目にグレードが高い6,000『Ichinomiya Chiba Open』が千葉の釣ヶ崎海岸、通称「志田下」で開催!エイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)や五十嵐カノア(USA)のCT選手を始め、世界のTOPサーファーが志田下へ集結し、6日間に渡り熱戦が繰り広げられました。今大会をサポートさせて頂いたBCMでは、会場にて大会記念の公式クリアファイルを配布させて頂きましたが、直接会場に来れなかった方へ、5名の方にプレゼント致します!

続きを読む >

コラム特集

WSL QS6,000「Ichinomiya Chiba Open」2017大会リポートまとめ

世界最高峰のサーフィンレース「Championship Tour(通称CT)」へ参加するためには、世界中のサーファーが凌ぎを削る「Qualifying Series(通称QS)」のランキングで10位以内に入ることが条件。QSの各イベントには1,000、1,500、3,000、6,000、10,000と5つのグレードがあり、その数字が優勝したポイントになります。

続きを読む >

コンテスト

WSL QS6000「Ichinomiya Chiba Open」会場フォトギャラリー

世界のTOPサーファーが集結し、昨年以上の盛り上がりを見せた、WSL QS6,000イベント『Ichinomiya Chiba Open』。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「QS6000千葉オープンを終えて」

QS6000一宮千葉オープン。
大会期間中真夏のような天気に恵まれたけど、波も真夏のような波で、風も吹くしいな。水は超冷たいし、みたいな。

続きを読む >

コンテスト

QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』終了!

今年で2年目となるQSで2番目にグレードが高い6,000『Ichinomiya Chiba Open』が千葉の釣ヶ崎海岸、通称「志田下」で開催され、5月28日にファイナルデイを迎えました。

今イベントには2020年東京オリンピックの会場視察も兼ねて2015年のワールドチャンピオン、先日終了したばかりのCT第4戦『Oi Rio Pro』で優勝して現在ランキング2位のエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)がナンバー1シードとして参加、更にイーサン・ユーイング(AUS)、五十嵐カノア(USA)、レオナルド・フィオラヴァンティ(ITA)、フレデリコ・モライス(PRT)と5名の現役CT選手が来日した他、初開催となった昨年と比べて豪華な選手が揃い、イベントを盛り上げていました。

続きを読む >

コンテスト

QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』はベスト4に絞られた!

1週間に渡って行われたQS6,000『Ichinomiya Chiba Open』もいよいよ大詰め!
5月27日にR4からQFまでが一気に進行してSFを戦う4名、ウィメンズQS3,000の方も同じく4名に絞られてきました!

会場の千葉・釣ヶ崎海岸、通称「志田下」は前日までのオンショアから南〜南西のサイドオフ〜オフショアに変わり、イベント期間中で最も良いコンディション。
但し、波数は少なく、特に潮が引いていた時間帯はアンラッキーとコメントする選手もいたほどで、番狂わせが続出。

続きを読む >

コンテスト

QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』 ベスト24に日本人選手が3名残る!

5月26日、千葉・釣ヶ崎海岸、通称「志田下」で開催中のQS6,000『Ichinomiya Chiba Open』はコンテスト5日目を迎え、R2の残りヒートとR3が終了。
週末のクライマックスに向けてベスト24が決定しました!

前半は前日と比べてサイズダウンに加え、オンショアが強まった難しいコンディション。
後半は南海上の低気圧からのウネリなどでムネ位までサイズアップ。基本的にオンショアながら、潮の上げ込みでショルダーが残る波が増えていました。

続きを読む >

コンテスト

『Ichinomiya Chiba Open』3日目 現地リポート

世界中のコンペティターが憧れる夢のワールドツアーの舞台に入るために行われるクオリファイシリーズ、通称QSの2番目にグレードが高い6,000『Ichinomiya Chiba Open』が3日続けてオン。
5月25日にトップシードが待つR2の24ヒートの内、16ヒートが進行しました。
舞台の千葉・釣ヶ崎海岸、通称「志田下」はこの時期特有の濃霧に悩まされ、朝6時30分のファーストコールからオンホールドが続き、ようやく霧が晴れてきた11時15分にスタート。

続きを読む >

コンテスト

『Ichinomiya Chiba Open』ウィメンズのベスト8が決定!

2020年東京オリンピックの追加種目に決まったサーフィンの舞台でもある千葉の釣ヶ崎海岸、通称「志田下」で開催中のQS6,000『Ichinomiya Chiba Open』は2日目を迎え、順調にスケジュールが進行。
前日に強まった高気圧からの吹き出しによる東〜南東ウネリ、南海上の低気圧からの南よりのウネリが続き、朝は風が弱く、日中は南〜南東風から南西風が強まる傾向。
朝の内にR1のH17からH24の最終ヒートまで進行した後、ウィメンズQS3,000のR2とR3が終了してQFを戦うベスト8が決定。

続きを読む >

コンテスト

QS6,000『Ichinomiya Chiba Open』開幕!

今年で2年目となるQS6,000『Ichinomiya Chiba Open』が千葉の釣ヶ崎海岸、通称「志田下」で開幕!
5月23日の初日はR1のH16まで進行。高気圧からの吹き出しによる東〜南東ウネリ、南海上の低気圧からの南よりのウネリが強まり、コシ〜ムネまでサイズアップ。南よりの風が強まる傾向ながら、潮が上げている時間帯は形良い波も入っていました。

続きを読む >

業界ニュース

国内最大級サーフイベント QS6,000 『Ichinomiya Chiba Open』 開催のお知らせ

今年で2年目となる国内最大級サーフイベント、QS6,000 『Ichinomiya Chiba Open』が5月21日〜28日に千葉・志田下で開催されます!

昨年と比べて参加予定の選手も豪華で、ブラジルで終了したばかりのCT第4戦『Oi Rio Pro』で優勝したエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)を始め、ワイルドカードで出場してジョン・ジョン、ガブリエル、ミックと3人のワールドチャンピオンを倒したヤゴ・ドラ(BRA)、五十嵐カノア(USA)、イーサン・ユーイング(AUS)、スチュアート・ケネディー(AUS)、ナット・ヤング(USA)、レオナルド・フィオラヴァンティ(ITA)、アダム・メリング(AUS)、トム・ウィタカー(AUS)、キアヌ・アシング(HAW)、ターナー&パトリックのグダスカス兄弟(USA)

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「今年もQS6000がやってくる」

地球の反対側のブラジルでは、ジョンジョン、フィリッペがラウンド3で敗退という波乱が起きているけど、日本では来週からスタートする国内最大のビッグイベント、メンズQS6000、ウイメンズQS3000の一宮千葉オープンに向けて、選手たちも徐々に千葉入りを果たしているようだ。

続きを読む >

お知らせ

当選発表!「WSL大会記念品」限定クリアファイル

千葉県の波乗り道場“志田下”にて、6日間に渡り開催された国内最大のサーフイベント「ICHINOMIYA CHIBA OPEN powered by GoPro」。本大会記念、限定クリアファイルの当選者様を発表中。
ご応募された方、賞品は順次発送されておりますので、到着までお楽しみに!

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「国内最大のQSイベントを終えて」

QS6000、久しぶりの国内での大きな国際大会も嵐のごとく去り、ま、みんな日本との差を目の当たりに見てびっくりしたんじゃないかね。そう思ってほしいと思うよ。日本人、惜しかったな、などとは思ってほしくない。

続きを読む >

コラム特集

WSL QS6000 「ICHINOMIYA CHIBA OPEN」大会リポートまとめ

世界最高峰のサーフィンレース、WSLが開催するCT(チャンピオンシップツアー)へ参加するためには、世界中のサーファーが凌ぎを削るQS(クオリファイングシリーズ)のランキングで10位以内に入ることが条件。

続きを読む >