サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS

サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「カイオ・イベリ」検索結果 4件
コンテスト

『Rip Curl Pro Bells Beach』 ジョーディがベルズ初優勝!

どこまでも明るく開放的なゴールドコースト、豊かな自然が残るマーガレットリバー、世界一美しい道と呼ばれるグレートオーシャンロード沿いにある雄大な景色に囲まれたベルズビーチ。
同じ国でもバラエティに富んだ土地、そしてブレイクを舞台としたオーストラリアレッグを締めくくる『Rip Curl Pro Bells Beach』が現地時間4月19日に終了。

朝は濃霧でオープングヒートが中断、R4ではエゼキエル・ラウ(HAW)とフィリッペ・トレド(BRA)の間でインターフェア騒動(詳しくは後日のワールドサーフムービーズにて)などいくつか珍しいハプニングがありましたが、公式6-8ftレンジのクラシックなベルズ・ボウルズを舞台としたファイナルデイはR4からファイナルまでの15ヒートで9ポイント台が17本もスコアされる素晴らしい戦いとなり、その内の3本を手に入れたジョーディ・スミス(ZAF)が念願の初優勝を決めました!

続きを読む >

コンテスト

『Rip Curl Pro Bells Beach』波乱の5日目!

オーストラリア・ビクトリア州のベルズビーチを舞台に毎年イースターホリデーに合わせて開催されるCT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』
ツアーでは唯一入場料が徴収されるため、多少コンディションが悪くてもゴーサインが出されることが多いのですが、現地時間3月28日のコンテスト5日目は朝からオンショアの影響でイベント期間中最も悪く、ケリーの言葉を借りるなら、「2ftのスモールよりはベター」の波で、メンズR3の残りヒートは番狂わせが続出することに...。

続きを読む >

コンテスト

『Moche Rip Curl Pro Portugal』3日目 ローカルが大活躍!

ポルトガルを代表するビーチブレイク、ペニシェ「Supertubos」で開催中のCT第10戦『Moche Rip Curl Pro Portugal』は3日続けてゴーサインが出され、現地時間10月25日にはR2の残りヒートからR4のH2まで一気に進行。

19ヒートをこなすマラソンデイ。新しい西北西ウネリが入った「Supertubos」は遂に本来の姿を現し、9ポイントが8つにパーフェクト10が1つスコアされた一方、タイトル争いの渦中にあるミック・ファニング(AUS)、エイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)がR3で共にローカルに敗れるという番狂わせも...。



ミックを敗ったのは、R1でエイドリアーノ、コロヘ・アンディーノ(USA)とのクロスゲームを制していたリプレイスメント(代理)のフレデリコ・モライス(PRT・写真最上部・下)

フレデリコのビッグターン、9.13で始まったこのヒート。フリーサーフィンのように波に乗りまくり、次々とスコアを重ねてミックをコンビネーションまで追い込んでプレッシャーを与えていたフレデリコは最後までリードを譲らず、R4進出を決めていました。

続きを読む >

コンテスト

『Moche Rip Curl Pro Portugal』波乱のR2!?

現地時間10月24日、ポルトガル・ペニシェ「Supertubos」で開幕したCT第10戦『Moche Rip Curl Pro Portugal』は敗者復活戦のR2から再開。

前日に入った西北西ウネリが弱まり、公式3-4ftレンジ。風の影響も入った難しいコンディション。レイデイでも不思議ではない状況にキーレン・ペローに代わってコンテストディレクターを努めているトラビス・ロギーはゴーサインを出し、この判断が波乱を巻き起こすことになり、結局7ヒート進行した時点で翌日以降に持ち越しに...。



オープニングヒートでは前日のR1をとりこぼしたエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA・写真最上部)がリプレイスメント(代理)で参加しているポルトガルの英雄、ティアゴ・ピレスと対戦。

続きを読む >