サーフィン業界ニュース WSLコンテストレポート BCM

TOP > NEWS
サーフィン関連の総合ポータル情報として、親しまれるBCMのサーフィンニュースは、WSLをはじめとしたコンテスト情報やプロサーファーインタビューのほか、各種サーフ映像、サーフマガジンなどの雑誌記事情報も満載。流行の業界ニュース、グッズ・ギア・レビューなどをお届けしています。
NEWS / BCMサーフィンニュース
NEWS / BCMサーフィンニュース

全て コンテスト 業界ニュース コラム特集 WSM お知らせ

国内外コンテストリポート、業界ニュース(製品/雑誌/イベント/環境関連)、コラム/特集、お知らせ/ご案内など

「つのだゆき」検索結果 45件
コラム特集

F+(エフプラス)コラム「ランキング、みんなで負ければ怖くない」

フィジーが何やらものすごいことになっていて、いろんな意味でう〜ん、な感じ(笑)。アウターノウンフィジープロ、現役選手のかかわるブランドがスポンサーってのもそうそうないと思う。ご存じケリーのブランド。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「QS6000千葉オープンを終えて」

QS6000一宮千葉オープン。
大会期間中真夏のような天気に恵まれたけど、波も真夏のような波で、風も吹くしいな。水は超冷たいし、みたいな。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「今年もQS6000がやってくる」

地球の反対側のブラジルでは、ジョンジョン、フィリッペがラウンド3で敗退という波乱が起きているけど、日本では来週からスタートする国内最大のビッグイベント、メンズQS6000、ウイメンズQS3000の一宮千葉オープンに向けて、選手たちも徐々に千葉入りを果たしているようだ。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「リップカールプロ・ベルズ終了」

ベルズのリップカールプロ。男子優勝は、ジョーディ・スミス、2位にカイオ・イベリ、3位ジョンジョンとイズキール・ラウ。女子は優勝コートニー・コンローグ、2位ステファニー・ギルモア、3位タイラー・ライトとレイキー・ピーターソン。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「ベルズ・フォト特集:負け犬の・・・」

テーマは負け犬の遠吠え(笑)

負けちゃったけどすごかった人々のフォト特集。
勝った人はファイナル後のレポートで見られるしね。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「ジョンジョンのワールドタイトルの可能性は?」

オーストラリア3連戦の2戦が終わった時点で、とりあえずあの手の波のオープンフェイスでのジョンジョンはアンストッパブルなんだな、という感じ。ファイナルのコロヘとのヒートなんて、同じCTなのに大人と子供みたいだったし。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「選手とコーチ」

2017シーズンもゴールドコーストのクイックシルバープロ、ロキシープロの初戦がスタート、選手たちは会場のスナッパーロックスに波が立つのを待っている。

続きを読む >

業界ニュース

F+(エフプラス)マガジン第25号、3/10配布開始

サーフカルチャーの総合情報誌『F+(エフプラス) SURF CULTURE MAGAZINE』。

最新第025号が3月10日から配布開始となります。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「オーウェン・ライト復活」

CTの開幕ももうすぐだけど、QSのほうはすでにスタートしていて、QSオーストラリアレッグとでもいうべきQS1000、QS6000イベントが目白押しで開催されている。
その中で、あのオウエン・ライトが久しぶりにゼッケンをつけてコンテストに姿を現した。ニューキャッスルのQS6000イベントでのことだ。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「カノア来日のインタースタイル終了」

2月と9月、年に2回の業界が一堂に会するサーフエキスポ、「インタースタイル」も無事終了、いよいよ春からの新シーズンスタートに向けて動き出した感じだ。

続きを読む >

業界ニュース

『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版6.6号』が2月10日発売

『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版6.6号』が2月10日発売。2020年の東京オリンピックではサーフィンが新たな競技種目に加えられることとなったが、

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「米SURFING誌が廃刊」

1月24日にアメリカのサーフィン誌が無くなったというニュースを知った。
そこで働いていたスティーブ・シャーマンの話だから、間違いないんだろう。
53年の歴史に幕を閉じたということだ。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「WSLのCEO退任と、五輪への布石」

行く逃げる去るで、1月2月3月はあっという間に過ぎてしまうわけですが、年始そうそう、オーストラリアでWJC、ワールドジュニアチャンピオンシップが行われ、男子はオーストラリアのエリートジュニアのイーサン・ユーイング(イゥイングなんでしょうけど、以下略(笑))、2位はグリフィン・コラピント。女子はメイシー・キャラハン(AUS)が優勝し、2位はマヒナ・マエダ(HAW)。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「カノア、持ってるな。」

ミシェル・ボレーズパイプ優勝、2位カノア・イガラシ。3位ケリー、コロヘ。昨年のブラジリアンストームはすっかり影をひそめ、アメリカ勢大活躍。クオーターから先にはブラジリアンがひとりもいなかった。意外。

続きを読む >

コラム特集

F+(エフプラス)コラム「ザ・ノースショアの社交場が・・・」

ワールドタイトルはジョンジョンに決まったけど、最終戦ではパイプマスターの栄誉をかけた戦いがエキサイティングに展開するはず、だったんですけど、エキサイティングとは程遠い、まるでどこかのビーチブレイクのような波でのアクション勝負でラウンド1を終了。次のスウェルを待つノースショアだ。

続きを読む >